本文へスキップ

National Institute of Technology, Toba College, Department of Electronic Mechanical Engineering

学科紹介information

鳥羽商船高等専門学校 電子機械工学科 学科概要

電子機械工学科は、製造技術の基礎となる機械工学と、機械を制御する電気・電子工学の両方の専門的知識及び技術を身につけた技術者を養成することを目的としています。
 したがって、現在のメカトロニクス時代に対応するため、強度計算、エネルギー変換、材料及び機械製作等の機械工学の基礎知識の上に、計測・制御、電気・電子工学や情報の基礎的知識をもたせ、機械装置や電子制御装置をシステムとして設計・製図、管理する能力を与えることをねらいとした教育を行います。
 卒業後は、主に機械産業、電気電子産業、自動車産業及び情報処理産業で活躍しています。


鳥羽商船高等専門学校 電子機械工学科 教育目標

電子機械工学科の教育目標
機械技術と電子技術および情報技術を融合した電子機械(メカトロニクス)に関する専門知識と技術を身につけた実践的技術者を養成する。
電子機械工学科の教育の内容と水準
1. 電子機械における初級技術者としての専門知識と実践的な技術を身に付ける。
a. 機械、電気・電子、および情報技術に関する確実な基礎学力を持つ。
b. これらを融合する制御技術に関する高い専門知識を身に付ける。
c. 基礎的な電子機械システムを自ら設計・製作し、これを制御できる実践的な技術を身に付ける。
2. 論理的思考能力と現実的な実践に裏付けられた技術者としての向上心を持つ。
. 表れた現象から原因を推定する論理的な思考ができる。
a. 自ら目標を設定し、これを実現するための継続的な取り組みができる。
b. 未知の知識や新しい技術に興味・関心を持ち、これらを理解し取り入れようとすることができる。
3. 自らの考えを人に説明し、論議を交わすことで取り組みの内容を深めることができる。
. 電子機械の分野における知識や情報を集め、再構築して自らの考えを持つことができる。
a. 基礎的なプレゼンテーションおよびディベート能力を持つ。
b. 電子機械の分野における初級技術者としての国際的なコミュニケーション能力を身に付ける。

鳥羽商船高等専門学校 電子機械工学科

〒517-8501
三重県鳥羽市池上町1−1